上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
REPORT 1-19
Food(紫昔よもぎ)      

今日のトピック
        
                 ニコチン降下野菜
               
身近な自然野菜でニコチンを降下させ禁煙効果の補助をする方法
(摂取のポイント)

体内に取り込まれたニコチンを下げる効果のある野菜にはどんな種類がありこれらの野菜を
活用して禁煙に対し効果を上げるに方法はあるのだろうか。またどの様な摂取の仕方が最適
なのだろうか? ある調査によると下記の3種類は最近の研究でニコチン降下野菜(禁煙野菜)
としての作用があると言われています。何かとても馴染みが深い野菜ですね。委細な栄養成分
の記載はここでは省きますがどれも独特の強い香りがあり栄養価が高かったりそれぞれ特有の
薬効効果がある野菜であることは理解できます。

  
          a) 紫蘇      b) ごぼう    c) クレソン

タバコとの関連性においては
どの野菜も程度の差はあれニコチンを除去する血液浄化作用や抗癌作用を持ち合わせています。
実際、たばこを止めようとする行為プロセスにおいてこれらの野菜が最も必要とされるケース
は以下の状況が考えられます。


項目(1):
喫煙女性が妊娠した場合、少なくとも出産するまでの間は医師からも喫煙を断つことを忠告
されると思いますが、何パーセントかの女性は妊娠中にも関わらず相変わらずたばこを吸って
いるとの調査結果報告があります。この様な女性に対しこの時期に特にこれらの野菜が最も
必要とされるものと考えて良いと思います。 


付録:
喫煙により血液中に取り込まれた様々なたばこ含まれる化学的毒性物質の体外排除については、
野菜類であればアブラナ科のケール(Kale)は有用な特性を備えています。
     
 
項目(2): 
体内のニコチンはたばこを吸わなければ一般に2-3日で殆ど体外に放出され7-10日程で
100%無くなると言われておりますが、ヘビースモーカーの場合完全に体外放出という部分
で人により多少時間(日数)はかかる場合があるかもしれません。 そんな場合、禁煙を断行
する前に何日か前もって摂取していれれば血液内のニコチン量がある程度下がり一般的な喫煙
者とあまり変らない状況でスタートに望めるのではないでしょうか。

この場合、カプセルタイプのごぼうで言えば1日当たり700mg位の相当摂取が一般的に適切量
と言われています。 

注)ニコチンの体外排出はたばこを断つことのみで僅かな日数(2-3日)で大幅に減るので
  禁煙をスタートしてから、ニコチン降下の為に摂取しても特別に大きな意味はありません。

項目(3):
禁煙をスタートしてから2ー3週間を過ぎても何らかの原因で血中のニコチンが残っている場合
で吸いたい気持ちがすでにかなり(殆ど)収まっているようあれば出来るだけ自然な方法
(何も摂取しないで自然消失又はこれら野菜を適度に取り入れる方法)- がきっと何よりです。
  
追伸
    
禁煙中の諸症状緩和に役立つその他の薬効:
   
    紫蘇  : 香りの主成分(ベリルアルデヒト)による精神安定作用。
    ごぼう : 繊維質セルロース等による腸の働きを活発にし便秘を整える効果。
    クレソン: 豊富なカルシウムによる自律神経のバランスを整える働き。

禁煙をする人(特に禁煙中の方)とってはニコチンを除去する作用と共にどれも役立つ効果
があり自宅にて飲みもの{ジュースやお茶)を作り生かしてみてはいかがでしょうか。
    




メコン山河フォト散歩
チェンマイ(寺院)



DSCN0176 (Custom)



BY 虹窓 未
関連記事
スポンサーサイト
2010.09.07 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。