上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
REPORT 1-14
たばこ




          たばこの本資を見つめるノート

たばことは実はこうゆうものだった。理解不足・誤解しているかも知れない
ところ等を焦点にピックアップし健康増進(禁煙)の為に再認識するノートです。   

A)
たばこは単にたばこの葉を包んだものでなく製造メーカーが煙や味を操作
し作りあげられたもので有害な添加物を数多く含んでいます。

たばこの成分については企業秘密であり、1994年に公表された添加物
の内現時での使用実態は知られていません。


たばこの添加物について: 

公表された添加物の599種類の内100種類以上は有害である可能性が
あることが明らかにされています。公表されていない添加物を総合する
と有害添加物はおびただしい数量になります。

1) 煙の発生量を少なくし目立たなくする添加物。   (受動喫煙対策)
2) チョコレート・カカオの化学味覚添加物     (煙を肺に浸透し易くする。)  
3) ニコチン依存を高める添加物       (タバコの消費量維持増大)
4) 湿潤剤               (タバコに独自の風味等の添加)
5) 加工処理剤         (タバコの製造上の処理)
6) 咳を抑制する鎮静剤  (喫煙習慣に伴う症状・疾患対策)
7) 他 

B) 喫煙はストレスの解消になる?:


喫煙することにより体内に入ったニコチンが作用しストレスを感じさせる
ホルモンを増幅させ吸わない人に比べ多大なストレスを留める体質になり
ます。 ストレスが解消されたと思うときは殆どの場合、離脱症状が一時的
に和らいだに過ぎず喫煙者はその段差が大きい為であることが研究により明
らかにされています。
このことは喫煙は実際にはストレス解消にはなっていないことを示しています。

* 順次たばこの本質項目を追加致します。 

DSCN0246 (Custom)


虹窓 未来
関連記事
スポンサーサイト
2010.09.04 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。