上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
Report 1-4
紫昔よもぎ

今日のトピック 

植物と黄金の三角地帯

紫昔よもぎにおける植物生育の分布特性について際立った特徴が見られるのだろうか。
黄金の三角地帯は言わずと知れているインドシナ半島に位置するタイ・ミヤンマー・
ラオスの3つの国の国境が交わる地帯でその近隣諸国一体は麻薬やケシの栽培で依然
悪名高い。植物の分布はその地域の自然特性と社会学的な要素が相互に関連している思
わざる得ない場合も割りと多い。植物の特性を寒帯と熱帯との間で大まかに色付けすると
精神的部分に優れて作用する植物が比較的多く見られるヨーロッパと肉体的な病や外傷等
に対し優れて作用する植物が多く見られる熱帯性地域の国々に分かれる。
温帯から寒帯に位置する多くの国は熱帯の国に比べは社会的発展が早く精神的な障害が
発生する割合が高い。緯度の違いによる植物の生育状況と同様に標高差の違いによる植物
特性も見られることもありそうです。世界の屋根とも呼ばれるネパールでは血液中の酸素
運搬に優れた植物がみられ高山病などの多発とも関連しているかに考えられます。
すべての種類の植物が全く無造作にその地域の自然環境だけに合わせ生育しているので
なく、何らかの地球的な神秘に満ちたガイアのような力が働き、あるべき植物の生育上
での自然環境適合性とその発生に付随的に働いているようにも感じます。紫昔よもぎ
場合、ケシやタバコの葉などその毒性的とも言うべき植物が原因とする依存症の脅威を
植物をもって緩和し食い止めようとする天敵的な作用にガイアの働きがあったのかも知
れません。


DSCN0141 (Custom)



虹窓 未来

































関連記事
スポンサーサイト
2010.08.24 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。