上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
Report 1-3
効果効能について少し踏み込んでレポートします。

今日のトピック


禁煙植物「紫昔よもぎ」とは?

紫昔よもぎ [国際特許植物] :

タイ国では一般に「ヤードクカオ」白花草と呼ばれ別名,小医者草・三日草 などと異名を
もつタバコ(ニコチン)依存症緩和・消失に特に優れた効果が確認された幻の植物。
インドシナは黄金の三角地帯を中心に東西南北にタイ国全土及びミヤンマー・ラオス等
近隣諸国の一部に自生分布するキク科の2年生草で紫昔よもぎと和名を持つ。
毎年5 -6月に入り雨が多い季節に入ると繁殖が広がり20-80 cm程の丈に生育し1本の
枝茎には20輪前後に小さな卵型の淡い赤紫―紫色の無香性の花を咲かせ山間地・野原や
都市近郊の道路脇でも見られます。山腹の傾斜地では大雨・スコールの影響で土と一緒
に雨にさらわれることも多い。開花してから何日か経過すると花は白色に変化しススキの
胞子の様に風に乗り時に遠方まで運ばれ太平洋上の島でもこの植物を確認することさえ
あります。原種に近いほど紫の色が鮮やかに濃く葉は小さく濃い緑をしています。
雨季が過ぎ日照りが続く季節になると著しく減少しますが花は年間を通じ季節に関係なく
開花します。民間療法としては古代クメールの時代より生葉をアレルギー性皮膚炎の処方
に、生根は煮立て健康増進の飲みものに、また全草を良く煮詰め薬効効果の高い食用野菜
としたり、天日で乾燥させ健康茶として長く利用されてきましたニコチン依存症の緩和・
離脱・消失に一般的には葉・花・茎・種の地上部全草を程よく調合して処方されますが、
付着した土を綺麗に洗浄し根を混合する方がより良い効果程度を示します。依存症に関し
てはタバコ以外に酒・麻薬等の薬物依存の緩和・消失にその他の特定植物等を組み合わせ
今までにない優れた効果が得られることが期待されます。また糖尿病やメタボリック
病状を改善予防する為、他の熱帯性植物と斬新な組み合わせ等を施し今までにない効果
の高い且つ、安全な植物性の健康食品が生まれようとしています。

                                                                             
学名: Vernonia Cineria L. Less

タイ語名: Ya-dok-kao     
英語名: little iron weed/Purple fleabane
和名:  紫昔よもぎ

主成分に使用するこの植物はタイ国の伝承薬草医学の中で活用されており、
タイ中部・東部の医療施設(総合病院)等で禁煙治療に利用されております。

紫昔よもぎにはニコチン依存症の緩和消失以外に優れた下記の健康美容効果を持ち合わせています


1) アレルギー性皮膚炎
摘み立ての青々しい葉をすりつぶして肌に塗り、アレルギー性皮膚炎・発疹のケア
に使用します。年間を通じ生育していますが、雨の多い季節、現地の場合、5-10月
末頃までは沢山の生育が人里近郊の道端や野の畑に自然に見られます。 
また、天日に干して、お茶として活用する方法もあります。

2) 過食症
過食症を正常化する作用がありますので、いつも食べずにはいられない肥満気味の
方には良い見方になります。

3)  ダイエット    
尿糖値を低下正常化させる効果は特徴的でとても良く作用します。値が150-200のを
示す不健康な人でも1-2ヶ月の間に大きな正常化変化が見られます。また、紫昔よもぎの
血糖値低下作用を効果的に得るためにはタイ産の桑の葉等と一緒に摂取する方法が最も
お勧めです


4) 高血圧

5)  抗ガン・解毒作用



mmy2


 
関連記事
スポンサーサイト
2010.08.23 / Top↑
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。