上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
Report 24
一般(紫昔よもぎ)

今日のトピック
    
     知られざるアジアの薬用煙療法

一般に日本人は煙に対し健康的なイメージは思い浮かばないのが普通です。タバコ
の煙・工場地帯の煙突から吐き出される煙による大気汚染など人体に対し悪い影響
を与え様々な健康障害(ガン発生・奇形児が生まれるなど)を発生させてきている
から当然なことではあります。  しかしながら煙そのものには多少のタール分や
一酸化炭素などの健康に悪い作用をするガス状成分等を含んでいるものの煙の本来
の性質は燃焼物により性格が変化し使い方で本来のマイナス部分を遥かに超えた
健康にプラスの影響を与える使用方法もあります。たばこの場合は悪い例になります。
燃焼している物質は(タバコ葉と巻かれている紙)が主体ですが付着して混ざり
合っている毒性のある様々な化学物質等が関わりあって延焼し健康障害をより酷
いものにしていると理解すべきものと考えます。またたばこの葉自体に有害な作用
をもつニコチンを含んでいるので素材そのものが健康に危険性があるわけです。
逆に魚・肉・たまご等の燻製処理された食品などは素材から発生する煙を活用して
香り付け・味の引き立て・保管上のメリットに使われております。この場合は
病を癒す為の薬用効果が主目的ではありませんが、煙をプラス利用した例に相当します。
極めて稀なケースですが健康上の理由により煙を活用した治療法の例を紹介致します。
煙を健康上の観点から薬用効果を得る為に活用する方法は極限られた手法になりまた
その際の植物も極めて限られた品種を使用することになります。吸引方法も薬用品種
により可能でしょうが目の治療に活用するのが最も妥当と考えます。
アジアのいくつかの山岳民族国家ではエフェドラシースの仲間の特定品種を燃焼させその
煙を眼病の治療に役立てています。標高2400m以上の山腹に多く自生しアフガニスタン
などによく見られます。タンニン・サポニンや目の病に効果の高い成分を豊富に含んで
おり、5-6月に花を咲かせ7-9月に実をつけ薬用植物として収穫されています。
純粋に薬用成分効果の高い植物は有害な薬品等が付着していない限りその使い方により
焼かれて発生した煙からでも人体の健康に十分有益に作用するという良い例です。
これらは薬用煙療法とでも表現するのが適当かもしれません。


メコンフォト散歩
 「チェンマイ」寺院と樹木

p5

BY  虹窓 未来

スポンサーサイト
2010.09.21 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。